義歯・入れ歯

入れ歯・義歯の基礎知識

歯を失ったときの選択肢には、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントなどがあげられます。患者様の症状によっては選択することのできない治療法もありますが、それぞれの治療法のメリットやデメリットがありますので、もっとも合う治療を選択することが大切です。

最新入れ歯治療

最新入れ歯治療

歯を失ってから20年~30年の人生が残っていますが、入れ歯になったら「人生が終わった」と感じる方も多いと聞きます。とても悲しいことです。歯を失ってからも生きていられる動物は人間だけです。それを支えているのが入れ歯であり、歯科治療です。歳をとって歯を失うことは「当たり前」、若くても事故などで歯を失うことも普通にあります。

歯を失っても食事が出来たりできるのは入れ歯のおかげです。その入れ歯が「笑いのネタ」になっている状況は残念ですね。しかし、現実は合わない入れ歯、痛くて噛めない入れ歯をしている方々が世の中本当に多いのです。

痛くて入れ歯を使わなくなり、柔らかいものしか食べなくなることで、ますますその方の健康が悪化していきます。
逆に、よく噛める入れ歯をすることで、健康を取り戻すことも期待できます。

健康面だけではなく、「ゴルフでフルスイングができるようになった」「スキューバーダイビングができるようになった」といった生活面や、「外出が楽しくなった」「手で口元を隠さないようになった」というような精神面に前向きなったという患者さまのお話も聞きます。

入れ歯がすべてとは言いませんが、いつまでも元気でいられるためにも、歯を失った後もよく噛める入れ歯を選ぶことが重要だと考えています。

コンフォートを通じて、歯を失う前にできていた、「なんでも食べられる」「スポーツもなんでもできる」など、ライフスタイルを支援することができると信じてます。入れ歯をもっとアタリマエのものにしていきたいと考えています。

痛くて入れ歯を使わなくなり、柔らかいものしか食べなくなることで、ますますその方の健康が悪化していきます。
逆に、よく噛める入れ歯をすることで、健康を取り戻すことも期待できます。

健康面だけではなく、「ゴルフでフルスイングができるようになった」「スキューバーダイビングができるようになった」といった生活面や、「外出が楽しくなった」「手で口元を隠さないようになった」というような精神面に前向きなったという患者さまのお話も聞きます。

入れ歯がすべてとは言いませんが、いつまでも元気でいられるためにも、歯を失った後もよく噛める入れ歯を選ぶことが重要だと考えています。

コンフォートを通じて、歯を失う前にできていた、「なんでも食べられる」「スポーツもなんでもできる」など、ライフスタイルを支援することができると信じてます。入れ歯をもっとアタリマエのものにしていきたいと考えています。

高品質、高機能の入れ歯で健康生活を実現

高品質、高機能の入れ歯で健康生活を実現

入れ歯に悩んでる高齢の父親や母親を連れてコンフォート入れ歯に作りかえてもらう家族が目立って増えているという。「コンフォート入れ歯は自由診療だが、入れ歯の悩みは本人にとっては大変深刻、『食事するときに柔らかいものだけを選んで食べる親の顔を見るのは家族としても大変辛い』というのが最も多い理由でした」。間もなく我が国では4人に1人が65歳以上(現在5人に1人)という超高齢化社会を迎える。少子化の中で高齢者のボランティア活動など社会的役割へのニーズはますます高くなってくる。そのためにも健康生活は大変大事であり、「健康を創る」食生活は最も大事です。

コンフォート入れ歯はしっかり噛むということを通じて元気で活発な老後を支援してくれます。

TOPへ戻る